QRコード読み取りで簡単に「無線LAN」に接続


自宅やオフィス、FreeWIFIなど無線LAN接続することが多いですが、面倒なのが「毎回SSIDさがしてPASSをいれること」。
自宅やオフィスの場合には、記録してしまって自動接続ですが、FREEWIFIで「SSID xxx PASS xxx」ってかかれても、入力が面倒なときありますよね。

友達が自宅に来たときに「無線LANつながせて」で、SSIDとパスを紙に書いて渡すのも面倒。

もっと楽にならないかな〜と思っていたら、最近のAndroidやiOSでは、無線LANアクセスポイントの設定をQRコードで渡せることに気がつきました。

無線LAN SSID/PASS QRコード フォーマット

iOSやAndroidで、無線LANアクセスポイントのQRコードフォーマットは、次の通りとなります。

この文字列をQRコードにすると、撮影するだけで無線LANアクセスポイントに接続できます。
Androidは、対応しているQRコードリーダーアプリが必要ですが、iOSでは標準のカメラアプリで撮影するだけで無線LANアクセスポイントに接続できます。

暗号形式の項目「T」には、「nopass」「WEP」「WPA」でセキュリティ設定を指定します。
WPA2でも、WPAと指定するだけで大丈夫です。

簡単に無線LANアクセスポイント接続QRコード作成

と言っても、QRコード作るのが面倒な方のために、オンラインで簡単にQRコードを作成できるサンプルを公開します。

このサンプルはJavaScriptで動作していますので、サーバーには情報が保存されません。
このサイトはHTTPSになっていますので、通信も暗合されています。

SSID:
PASS:
暗号方式WPA

SSID/PASS に設定したい SSIDとパスコードを入力して「QRコード生成」をクリックしてください。

※) アクセスの種別は、「WPA」に固定されています(今さら nopass や WEP を指定する意味が無いので…

表示された画像をダウンロードすれば、そのまま使うことが出来ます。

これで簡単に無線LANアクセスポイントに接続できるようになります。
便利な機能は活用していかないとですね。


Translate »