4年ぶりのパーツアップグレードで快適


メインの環境がMacに変わったことも有り、Windows PCは古いパーツのまま使っていました。
LightwaveのレンダリングをMacの分散レンダリングにかえたのでWindowsで重たい作業はないのですが…SecondLifeの高画質レンダリングモードにすると遅い。

ということで、久しぶりにグラボとCPUをアップグレードしてみました

pc2014-r00

※)写真は今まで使っていたCore2Duoのマザー

今までの環境は… グラボのアップグレード 2010年: GeForce GTX460

  • CPU: Core2Duo E8600 3.33GHz
  • グラボ: nVIDIA GeForce GTX460

これを…

  • CPU: Core i3 4350 3.6GHz
  • グラボ: nVIDIA GeForce GTX760

実に4年ぶりのパーツ交換です。

CPUが 3.33GHz から 3.6GHzで グラボが GTX460からGTX760…数字だけ見るとたいした違いじゃ無いのですが。
ベンチとったら違いは歴然。

前回 GeForce 9800GT から GTX460 に交換したときに使った ラストレムナントのベンチマークで測定してみます。

GTX460のときには 1920×1080 Full Screen モードで 97fps をマークしていました。
GTX760では…

pc2014-r01

179fps?? ベンチマークプログラムが5年前のものですので、こんなCPUとGPU向けに作られていないことは判っていますが… GTX460の2倍弱のfpsになってます。
おそろしや〜

pc2014-r02

で、いつものSecondLifeを立ち上げて、グラフィックを超高にしてみます。
超高なんて、いままではスクリーンショット撮るための設定で、動き回ったりするための設定ではないのですが…

pc2014-r03

60fps以上でてますね。そのまま動いたり走ったり飛んだりしても大丈夫!!

なかなか快適に使える環境になりました。

今回 入れ替えたパーツは、以下の通りです。