Oculus DK2 とSecondLifeのステキな関係


もしかしてオーダー忘れ去れてるのかな〜 と不安だった @incmplt です。
注文から数ヶ月、やっと届きました Oculus Rift DK2(Development Kit 2)

Oculus Rift DK2
Oculus Rift DK2

全方向型のヘッドマウントディスプレイ。
今までのヘッドマウントディスプレイとの一番の違いは、頭を回したときに視線も一緒に移動して、自由に3D空間を見渡せること。

早速、Oculus Riftに対応しているビューアーを使ってSecondLifeにインしました。
Oculus Riftの両目の画像を無理矢理取り込んでいるので、なんとも半端なキャプチャですが…

SecondLifeにOculus DK2でインするまでの道のり

まずは、Oculus の開発者サイトから Oculus Runtime Ver.0.4.2 をダウンロード&インストール。デモの動作まで確認しておきます。

最初は、本家リンデンのOculus Rift対応SecondLife Viewerで試しましたが、本家のビューアーは DK1 のライブラリで構築されているようで、上手く動きませんでした。
この瞬間「イカン! 無駄な物を買ってしまったか…」と、冷たい汗が。

調べてみると、DK2に対応しているのはサードベンダーの CtrlAltViewer らしいです。
それも最近出たばかりの CtrlAltViewer 1.2.2.41206 Alpha 3 というバージョンを使います。

CtrlAltViewerの設定

リリースノートを読むと設定方法が、次のように書かれています。

Usage is the same as in the previous alphas: with the DK2 configured in extended mode: use the Windows key + right-arrow to move your viewer window onto the Rift’s display, then Ctrl+Alt+3 makes the window full screen and switches into Rift view. You may want to adjust the distance the floating text fades at so that distant text is not so annoying in Riftlook: Preferences > Graphics > Rendering > Floating text fades.

フルスクリーンをOFFにすることと、環境設定-グラフィックス の 「高度なライディングモデル」を有効にするのを忘れないようにします。
フルスクリーンでは正しく表示できず、「高度なライティングモデル」が無効だと真っ黒な画面でOculusの画面が表示されません。

後は Win+→(2回)で、Ctrl+Alt+3 で Oculus 3Dモードになります。

いや〜少し歩き回ってみましたが、SecondLifeの世界への没入感スゴイです。
ただ…休みの日にビール飲みながら試したので5分で3D酔いしました><