GeminiPDA Termux+XSDL GUI環境をつくる


Android 9 でキーボード付きの GeminiPDA。
GeminiPDAは、Androidの他にLinuxのインストールもサポートされていますが、私はインストールしていません。

1つのハードウェアに2つのOSでデュアルブートって、結局 面倒になって使わなくなってしまうんです。
Pomera DM-200にもLinuxをインストールしましたが、Linuxを起動する回数は少なく Pomera として文章書きマシンとして活躍しています。

閑話休題

それでもGeminiPDAの小さい環境で、PythonやPerl,Git,emacsが使いたいので Termux でLinuxコンソール環境をインストールしていました。

今回は、この Termux の環境を X-Window 接続してGUI環境を作ってみます。
以下のセットアップをすると Termux と X-Window,xfce4で GeminiPDA に X-WindowのGUI環境をつくれます。

termux-xsdl-xfce4

Termux で X-Window の方法

TermuxはCLIのみなので、それだけではGUI環境の X-Window を使用できません。Xサーバー(クライアント)を準備する必要があります。
TermuxのGUI環境については、以下のURLのwikiにやり方が書いてあります。

必要なモノは次の通りです。

  • Termux X11 Repository(pkgでインストール)
  • Xserver XSDL (Androidアプリ)
  • Bluetoothマウス

GaminiPDAには、キーボードがありますので、キーボードは不要ですが、Bluetoothのマウスはあった方が便利です。

Termux X11 Repository インストール

最初に Termux で X11 リポジトリをインストールします。

$ pkg update
$ pkg upgrade
$ pkg install x11-repo

インストールができたら、ホームディレクトリに .bash_profile をつくり、次の設定をしておきます。

export DISPLAY=localhost:0

XFCE デスクトップのインストール

X11のインストールだけでは、見た目が殺風景ですし、使いかっても悪いのでデスクトップ環境をインストールします。
今回は、Termuxでパッケージが用意されている XFCEを使用します。

$ pkg install xfce4
$ pkg install xfce4-terminal
$ pkg install netsurf

Xserver XSDL インストール

Xserver XSDL は、Google Playからインストールします。

GUI環境の利用(XSDL)

インストールと設定が全て終わったら、いよいよGUI環境を立ち上げます。
最初に Xserver XSDL アプリを立ち上げます。

立ち上げるとセッションの接続待ちになりますので、Termux を立ち上げます。
Termuxが起動したら以下のコマンドを実行します。

$ export DISPLAY=localhost:0
$ xfce4-session &

xfce4-session を起動したら、アプリの切り替えで XSDL の画面を表示します。

少し待つと xfce4 のデスクトップ画面が立ち上がります。

これで GeminiPDA でも X-Window の環境を利用できるようになりました。
emacs も emacs-x をインストールすることで、X-Windowのemacs環境が作れます。


Translate »