[2021年版]RaspberryPi 簡単インストール

今までRaspberryPiのインストールというと、NOOBSを使ったりOSイメージをツールを使ってmicroSDに書き込むのが王道でした。
最近、また新しくRaspberryPi4にOSをインストールする機会があり、メジャーなOSはさらに簡単にインストールできるようになってました。

サポートされているOSなら、最新版のISOファイルを「探してダウンロード」する必要も無く「メニュー選択で3ステップ」で簡単にmicroSDのブートメディアを作ることができます。

RaspberryPi Imager

今までの NOOBS は廃止になり、新しく RaspberryPi OS Imager というツールが提供されるようになりました。

このツールは、サポートしているOSならイメージの取得からmicroSDの作成まで簡単な手順で終わります。

サポートOS

サポートしているOSは次のようなものです(2021年6月 現在)

  • RaspberryPi OS (32-bit) Desktop (間違いない標準環境)
  • RaspberryPi OS (other)
    • RaspberryPi OS Lite (32-bit)
    • RaspberryPi OS Full (32-bit)
  • Other General purpose OS
    • Ubuntu (32-bit/64-bit) 64bit環境ならコレがオススメ
    • Majaro ARM Linux (64-bit)
    • RISC OS Pi (32-bit)
  • Media Player – kodi OS
    • LibreELEC
  • Emulation and game OS
    • RetroPie (SNESなどのゲーム・エミュならコレ)
    • Recalbox
  • Other specific purpose OS
    • OctoPi
    • info-beamer digital signage
    • Homebridge
    • Home Assistant
    • TLXOS (30-day trial)
  • Other Language-specific OS
    • ALT,Simply Linux…

以前作成したレトロゲームのエミュレータ環境の「RetoroPie」もRaspberryPi OS Imagerで簡単に作ることができるようになりました。

インストール方法

RaspberryPi のインストールメディアを作成するには、RaspberryPi OS Imager からインストーラーをダウンロードします。

起動すると「インストールするOS」と「メディアを作成するドライブ」を指定します。

後は「WRITE」を選択して、メディアの書き込みが終わるまで待ちます。

この簡単な手順で RaspberryPi のOSメディアができあがります。
非常に簡単な手順でOSのインストールができるようになりました。

簡単にOS入れ替え

これで、RaspberryPiで手軽に色々なOSを試せるようになりました。
違うOSを試したいときには、microSDを差し替えて起動するだけ。

microSDも安くなってきたので、最近は128GBのmicroSDを使ってます。
低価格なノートPCやタブレットと同じくらいの容量ですね。

Translate »