Amazonの商品検索の信頼度を上げる


家電量販店や一般商店がネットストアを持っていないとき、Amazonにはお世話になっていました。
今はというと、「少し高いかもしれないけど量販店のネットストアを利用」しています。

理由は単純で「Amazonに信頼できないニセモノ/コピー商品が多すぎて買うのがストレス」になったためです。

最近は、日本国内の法に触れるような並行輸入品や、購入してみたら写真や仕様と全く違うニセモノ、転売目的の業者が受注した後にキャンセルするパターンなど様々な引っかかりポイントがあります。

基本的にはAmazonが管理して販売するモノにフィルターすると、かなり信頼度が上がります。

AmazonのWebでフィルターをかける

AmazonのWebサイトで、Amazon.co.jpが販売する物だけにフィルターをかけるには、次の操作をします。

検索結果の画面から(この例では「SDカード」を検索しました)。

左側のメニューを下の方にみていきます。
そうすると「出品者」のリストがでます。ここに「Amazon.co.jp」があればチェックですが、出品者が多い場合には、「続きをみる」をクリックします。

続きをみるをクリックすると、出品者の一覧がでますので、ここで「Amazon.co.jp」を選択します。

これで、出品者が「Amazon.co.jp」のものだけがリストで表示されるようになりました。

もっと手軽にフィルターをかける

毎回「商品検索」「出品者フィルター」「Amazon.co.jpを選択」と3ステップ踏むのは、面倒です。
その場合には、検索結果のURLの後に次の文字列を追加して検索します。

この文字列で、Amazon.co.jpの出品リストだけを表示するようになります。

さらに簡単にフィルターをかける:ブックマークレット

検索した結果に、文字列を追加して…というのも、面倒です。
この処理をブックマークに登録(ブックマークレット)しておくと、ワンクリックでAmazon.co.jpの出品にフィルターをかけられるようになります。

Chromeであれば、ブックマークバーを右クリックして「ページを追加…」を選択します。

表示された「ブックマークを追加」で、名前を「Amazonのみ」などの名前をいれて、URLに次の文字列を入力します。改行や無駄なスペースが入らないようにして、入力してください。

これで設定は終わりになります。

ブックマークレットの使い方

いま追加したブックマークレットを使うには、次のように操作します。

  1. amazonco.jp を開く
  2. 検索ボックスで検索する
  3. 検索結果の画面で、つくったブックマークレットを選択する(画面が再読み込みされます)
  4. 念のためURLの後ろに「emi=」ではじまる文字列がついていることを確認する

この操作だけで、Amazonの商品検索の結果で、商品がAmazon.co.jpが扱う物だけになりました。

Amazon.co.jpが対策してくれることが一番良いのですが、今のところ期待できそうにありません。
今回のフィルターをうまく活用して信頼のある商品を見つけていくようにしたいと思います。

Amazonでは、コジマ電気やビックカメラなど、有名な量販店も出店しています。
必要に応じてフィルターにコジマ電気やビックカメラのチェックをつけても良いと思います。

ただ、ビックカメラ,ヨドバシカメラは自社のオンラインストアを持っています。本家のオンラインストアの方がポイントもたまるし店舗受け取りの設定も出来るので、便利ですね。