Mac OS デスクトップのファイルを簡単に隠す


Mac OSのデスクトップはきれいにしておきたいのですが、スクリーンショットやファイルなどでごちゃごちゃしがちです。
自分が使っているだけであれば問題になることは少ないのですが、他の人に何か説明するときにデスクトップを見られてしまうのは困る、スクリーンショットやデスクトップ録画するときに困ることがあります。

Mac OSでは、デスクトップにあるファイルを簡単に非表示と表示の切り替えができます。

デスクトップのファイルを非表示にする

デスクトップのファイルを非表示にする場合には、ターミナルで次のコマンドを実行します。

ファイルが消えましたが、実際のファイルが削除されるわけではなく非表示になっただけです。
ファイルは デスクトップフォルダーに残ったままです。

デスクトップのファイルを表示する

逆にデスクトップのファイルを表示するには、ターミナルで次のコマンドを実行します。

手軽にデスクトップ非表示/表示を切り替える

私は資料の作成やデスクトップ録画などが多いので、簡単に非表示/表示を切り替えられる設定を追加しています。
~/.bashrc に以下の内容を追加して、コマンド1つで切り替えられるようにしています。

デスクトップを非表示にしたいときには、ターミナルで desktopoff 。

デスクトップのファイルを表示したいときには、同じくターミナルで desktopon 。

これだけでデスクトップの表示/非表示ができるようになります。

デスクトップの表示/非表示が簡単に切り替えられるようになったので、資料作成などでデスクトップの不要な部分をモザイクにしたりという面倒な作業がなくなりました。


Translate »