1 2 3

Windows10 隠れている不要ファイルを削除して容量確保(PORTABOOK)

投稿日: 2018年1月6日

Pocket

2016年末に KINGJIM PORTABOOKをお得価格で購入して使っていましたが、使用しているとドンドンeMMCの空き容量がなくなってきました。
無駄なアプリケーションをインストールしたりしてませんし、Windowsのごみ箱やシステム関係のファイルは消していましたが、最終的には、残り500MBという状態。

ここまでくると、Windowsを立ち上げて簡単な操作をするだけでもディスク容量不足の警告が出てしまいます。

警告が頻繁に出るので、あまり触りたくなくなり放置してきましたが、今回Windowsの隠れた無駄ファイルを一掃して空き500MBから約8GBまで確保できました。
無駄なファイルを削除した後のPORTABOOKの状態がこちら…(KINGJIM PORTABOOKとディスクの空き容量が確認できると思います)。

通常の方法では、次のような不要なファイルを削除できます。

  • ごみ箱のクリーニング
  • ディスクのサムネイルなどのキャッシュファイル
  • Windowsの不要なオプションサービスの削除
  • ディスクのクリーンアップでダウンロードファイルや一時ファイルの削除
  • ディスククリーンアップでシステムファイルのクリーンアップ

ただ、これでもWindowsには無駄なファイルが残っています。
Windowsの管理ツールで削除できない無駄ファイルたちには、次のようなものがあります。

  • Windows Updateのキャッシュファイル
  • WinSxS以下で使わなくなったコンポーネントファイル
  • DNSレゾルバのキャッシュファイル
  • Windowsストアのキャッシュファイル

これらの項目は管理ツールでは削除できません。

続きを読む

Pocket

古いガジェットに必須のACアダプタ ACM1000

投稿日: 2017年6月3日

Pocket

最近のガジェットの電源というとUSBポートが給電がおおくなっていますので、電源に困るということは少なくなりましたが、古いガジェットは丸い電源端子で専用のACアダプターが必要なものが多くありました。

古いガジェットはACアダプタがみつからず本体があるのに使えないということも結構あります。
そんな悩みを解決してくれるのが Yazawa ACM1000 でした。

様々なポートと電圧に対応

Yazawa ACM1000は次のような特徴があります。

  • 給電の電圧を DC 3V, 4.5V, 6V, 7.5V, 9V, 12V から選択可能
  • 複数のプラグ形状 φ3.0/4.0/4.8/5.5/3.5(ミニプラグ)にアタッチメントで対応
  • センターピンの極性(+/-)を逆転できる

細口コネクタのNetWalkerへ給電

2009年に発売されて小型でUbuntuが動作したNetWalkerは、コネクタの径が3mmと細くセンターピンも細いタイプです。市販品では、同じようなACアダプタを見つけるのが大変で、高価な互換品か自作しか方法はありませんでした。

このNetWalkerへもACM1000は給電できます。
NetWalkerのACアダプタとして使用するときの指定は次の通り。

  • 供給電源は12Vを選択
  • 一番細口のアダプターを選択
  • センターピンはプラスで差し込み

供給電圧を12Vにすることと、センターピン・プラスにすることを間違わないようにしてください。
特にセンターピンを間違えると、壊れる可能性があります。

家に残ってる古いCDプレイヤーなどを使いたい時にもACM1000は使えそうです。

これからはバッテリーがダメになってしまったオールドガジェットも、ACM1000で生き返らせて、あそぶことができそうです。

昔のガジェットってシンプルなのですが、面白いものが多いんですよね。

Pocket

文章作成の快適環境「ポメラDM200」登場

投稿日: 2016年11月20日

Pocket

2016年10月21日にキングジムから、新しいポメラ「pomera DM200」が発売になりました。

ポメラ DM100をすでに持っていますので、今回はスルーしようかと思っていたのですが、量販店でDM200の実物を見たらスルーできなくなり購入しました。

最大の変更点 バッテリーとケースの作り

DM200を触って購入に踏み切った最大の理由が「DM100にあったケースのゆがみがでない作りになった」ということです。
DM100は、非常に優れたテキスト入力の環境だったのですが、そのきゃしゃなケースのためキーボード面が多少ゆがむという現象がありました。
カバンからだして文字入力しようとするときには、すこしケースをねじって机の安定をよくしてから入力を始めていました。
このちょっとしたタワミがストレスでした。

このあたりは、開封動画を作りましたのでYouTubeをご覧ください。

また、DM200はこれまでのポメラシリーズではなかったバッテリー駆動となっています。
今までのポメラは乾電池(単三もしくは単四)で駆動でき、バッテリー残量が少なくなればコンビニエンスストアなどで乾電池を購入して、引き続き使うことができました。

今回のDM200は、内蔵のバッテリーで動きますので、バッテリーが切れてしまうと充電ができるまで使えなくなります。
ただ、実際にはモバイルバッテリーなどから充電しながら使うことができるようです。

この内蔵バッテリー駆動になったのは、好みが分かれるところだと思います。

DM100と何が変わったのか?

DM100とDM200の機能的な違いは、キングジムの商品ページに掲載されていますので、ご確認ください。

ポメラ仕様のリンク → スペック|DM200|デジタルメモ「ポメラ」|キングジム
ページ下の方に、DM100との比較リンクがあります。

大きく違うのは、次のような点です。

  • 電源が内蔵バッテリー駆動に変わった
  • ディスプレイが大型化
  • 辞書に国語/英和/和英のほかに類語辞書が追加
  • ATOKが組み込みATOKからATOK for pomera [Professional] に変更
  • 無線LANが内蔵
  • 無線LANを使ったメール送信機能「アップロード」機能
  • 無線LANを使ったMac/iPhone連携「ポメラsync」機能
  • 個人的にはケースの作りがしっかりしてストレスなし

ディスプレイが大型化して明るく見やすいものになりました。
無線LANを内蔵していますのでポメラDM200だけで、作成したメモを電子メールで送信できます。指定できるメールの宛先は1つだけですが、アドレス帳に登録した宛先にメールを送信できますので、IFTTTなどのクラウドサービスとして連携もできますし使いかってのよい機能になっています。
Mac/iPhoneのメモと連携する「ポメラsync」も気になる機能です。

DM200のアップロード機能を使ってみた動画も作ってみました。

新しくなったポメラ DM200。1週間ほど持ち歩いて使ってみましたが、今までのDM100以上に使いやすく非常によい文章作成環境です。

アップロード機能でいろいろな連携モデルので、新しいポメラを使い倒していこうと思います。

注記

本記事は、別サイトで掲載していた自分の記事をこちらに移動させてきました。元記事は文章作成の快適環境「ポメラDM200」登場をご覧ください。

Pocket

USBノイズフィルター ES-OT4 を試す!!

投稿日: 2016年1月5日

Pocket

ここ最近DAC関連は、Fostex HP-A8とHP-P1で落ち着いている @incmplt です。
面白い本がないかな〜と、2015年の年末に書店をうろうろしていたら「USBノイズフィルター」が特別付録のムック「Stereo」を見つけました。

ES-OT4-01

このムックの特別付録のUSBノイズフィルター ES-OT4は、パソコンのUSBポートとUSBオーディオ機器の間につないで、USBケーブルにのったノイズを低減して音質を向上させるユニットです。
USBノイズフィルター ES-OT4は、Stereo 2015年1月特別付録のものと同じもので、今回は特別ケースが付属しています。短いUSBケーブルもついていますので、箱から出してすぐに使い始めることができます。

続きを読む

Pocket

バランスの良い平面振動板(RP)ヘッドホン Fostex T50mk3n

投稿日: 2015年11月25日

Pocket

今回、Fostexから新しく発売になったヘッドホン T50mk3nを買ってみました。

標準価格は2万円ですが、実売2万円しないで購入できます。
価格の割に非常にバランスが良く使い勝手がよいヘッドホンでしたので紹介を…

T50mk3n-000
続きを読む

Pocket

PS4でUSB-DACを使う(ちょっと残念なオチも)

投稿日: 2015年1月26日

Pocket

PS4で気になるタイトルが増えてきた @incmplt です。
久しぶりにDestinyやMincraftなどゲームをしてるのですが、夜遅くのゲームは音が気になります。

PC100USB-PS4-01

PS4のボリュームを手軽に変えたくてパソコンで使うUSB-DACをPS4のつなげてみました(写真はPC100USB-HRです。PC100USB-HRでも、同じように使えます)。

続きを読む

Pocket

ハイレゾ音源対応でコスパが良いPC100USB-HR

投稿日: 2015年1月14日

Pocket

低価格でもしっかりとした音作りでコスパの良かったFostex(フォステクスカンパニー) PC100USBの後継機「PC100USB-HR」が2014年12月に発売になりました。

PC100USB-HR-R01

PC100USBは、USBバスパワーでPCM2704をDACに使用しつつ1万円を切るというコスパ抜群のヘッドホンアンプ。
今回の「PC100USB-HR」は、そのPC100USBの後継機となります。
お値段も定価ベースで言うとPC100USBと余り変わらない価格です。

続きを読む

Pocket

改造を楽しむヘッドホンアンプ? KURO-DAC

投稿日: 2014年12月15日

Pocket

USB-DACのキットを何個か作ってきましたが、オペアンプ遊びをしたことが無かった @incmplt です。
パソコンパーツなどで有名な玄人指向からヘッドホンアンプ「KURO-DAC」が発売されました。
組み立て形式の「KURO-DAC-KIT」も発売になったようです。

KURO-DAC-001.png

KURO-DACの仕様は、以下のような感じです。

  • DAC として TI の PCM2704 (AKI-DACやFoatex PC100-USBと同じ)
  • アンプ部分はA47式アンプ回路
  • オペアンプが交換可能なソケット式

続きを読む

Pocket

NUC DC3217IYE組み立ててOculusRiftDK2専用にしてみた

投稿日: 2014年11月2日

Pocket

パソコン何台あるか考えないようにしている @incmplt です。
ちょっと Core i3以上のCPUが搭載されている環境が必要になり、前から気になっていたNUCを組み上げました。

DC3217IYE-01

Core i3が乗っかっているのに、お安くパソコンが組み上がります。
続きを読む

Pocket

HMDだけじゃないウェアラブル端末 MOVERIO BT-200AV

投稿日: 2014年10月20日

Pocket

現実の景色に情報がオーバーレイされる世界って便利だな〜 とワクワクしてる@incmplt です。
MOVERIO BT-200AVを使い始めて少し経ちますが、これHMDというよりはウェアラブル端末(デバイス)です。映像表示だけで使うのは勿体なさすぎる。
BT200AV-00
MOVERIOは、Android 4.0.4が動いてる半透過ディスプレイ搭載のデバイスです。両目で見るGoogle Grassという感じ。
続きを読む

Pocket

1 2 3