Apple標準コマンドでMAC SSDのTrimを有効に

投稿日: 2016年1月26日

Pocket

MacBook Pro Late 2011を、まだ使っている @incmplt です。
この Late 2011モデルは、メモリーとHDDを自分で交換できる最後のMacBook Proとなっており、ディスプレイも元気なので活躍してくれています。

trimforce-000

搭載されているHDDも、Yosemiteの時に SSDに交換しました。
ちょっと不満だったのが、サードベンダーのSSDに交換すると、SSDのTrimが有効にならないこと。

続きを読む

Pocket

Mac OS でFinderの場所をターミナルで開く

投稿日: 2015年7月23日

Pocket

MAC OS で、とにかくTerminalを開くことが多い @incmplt です。
共有フォルダーにあるドキュメントをemacsで開いたり、sshでサーバーに接続するときなど、何かにつけて Terminal を開きます。

たまに困るのが、ファインダーで開いている場所で Terminal を使いたいとき。
今までは、Terminal を開いて、ファインダーで開いている場所まで cd で移動していました。

もっと便利な方法があるって知らなかったんです。

方法1: Dockにある Terminal アイコンにフォルダーをドラッグ&ドロップ

一番簡単な方法は、DockにTerminalアプリを登録しておき、ファインダーで開きたい場所がでたら、そのフォルダーをTerminalにドラッグ&ドロップします。

mac-terminal-01

これだけでドラッグ&ドロップしたフォルダーをカレントディレクトリとして Terminal が起動します。

…簡単でした。

方法2: サービスのショートカットを有効にする

最初の方法でも十分便利なのですが、もっとマウスの移動を少なくしてTerminalを開けないでしょうか?
実は、これもOS標準の機能で用意されていました。

mac-terminal-02

「システム設定」→「キーボード」→「キーボードショートカット」の「サービス」を選択します。
「サービス」の項目一覧に「フォルダに新規ターミナル」と「フォルダに新規ターミナルタブ」がありますので、チェックをつけます。
必要に応じてキーボードショートカットも割り当てられます。

mac-terminal-03

これでファインダーからフォルダを右クリックすると、サービスに「フォルダに新規ターミナル」と「フォルダに新規ターミナルタブ」が表示されます。
「フォルダに新規ターミナル」を選ぶと、先ほどと同じように 選択したフォルダをカレントディレクトリとしてTerminalが開きます。

OS標準機能ですでに備わっている機能ですが、これだけで「好きなときに素早くTerminalを開いて作業ができる」ようになり非常に快適になりました。
この辺りのGUIとCUIの統合や、シェルの使い勝手が Macの便利さですね。

Pocket

Adobe Creative Cloudのインストール連続失敗を解決

投稿日: 2015年6月18日

Pocket

Mac OS X でメニューバーに出ているAdobe Creative Cloudアプリですが、ここ数週間「問題が見つかったので再インストールしてください」のメッセージが出始めました。

CC(2015)もリリースされて、アップデートしたいので 問題を解決すべく再インストール。

アンインストールから再インストール…そして失敗

  1. アプリケーション→Adobe Creative Cloud でアンインストール
  2. Adobeのサイトから Adobe Creative Cloudをダウンロード
  3. ダウンロードしたインストーラーでインストール開始…

そして、インストールが途中で終わって、メニューバーに Adobe Criative Cloudが出てこない。
エラーメッセージも出ずにインストーラーが終了してしまうので、ナニが起きているかさっぱり。

ゴミを綺麗にして再インストール成功

アンインストーラーで削除したはずなのですが、アプリケーションのユーティリティにも「Adobe Creative Cloud」フォルダーが??
綺麗にアンインストール出来てないかも。

ゴミが残ってて上手くインストールできないのかもしれないので、以下のフォルダーを削除しました。

  • /Application/Utilities/Adobe Application Manager
  • /Application/Utilities/Adobe Creative Cloud

アプリケーションマネージャは、CC以前のアプリケーションをアップデートしているのに使うようなのですが、Creative Cloudでもアップデート通知が来るので、両方とも削除してしまいました。
削除したら念のため再起動して、先ほどダウンロードしたインストーラーで再インストールをします。

これで無事に Adobe Creative Cloudの再インストールができました。

やっと CC(2015)にアップデート出来そうです。

Pocket

コーディングに最適化したフォント「SourceHanCode JP」を使う

投稿日: 2015年6月15日

Pocket

プログラミングやソースコードを書くときにこだわりたいのがフォント。
日本語の表示なども考慮されたコーディング向けのフォント「Source Han Code JP(源ノ角ゴシック JP)」が、Adobe FontsのGitHubで公開されました。

加筆修正 2015-06-16 フォントのダウンロードパッケージがあるのを見つけたので、ダウンロードする方法を加筆修正いたしました。ビルド不要ですぐに使えます。
第一報が不正確な情報となってしまいました。大変失礼いたしました。

詳しくは→ http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20150612_706667.html

アルファベットや数字・記号は、もともとコーディング用に開発された「Source Code Pro」をベースとして、日本語と一緒に使ったときに違和感がないように調整されているようです。

06-SourceHanCode-font

さっそく、毎日使っている MacBook Pro にインストールしてみました。

Source Han Code JP(源ノ角ゴシック JP)のダウンロード

Source Han Code JP(源ノ角ゴシック JP)を使うだけなら、Source Han Code JP(源ノ角ゴシック JP)のGitHubの 「Download the fonts」から Latest release を選択して OTC(.ttc) と OTF(.ttf)がダウンロード出来ます。

フォントを Mac OS X Yosemite にインストールする

できあがった「source-han-code-jp(源ノ角ゴシック JP)」を Mac OS X Yosekmite にインストールするには、アプリケーション フォルダーにある Font book アプリを使います。

04-Fontbook

Font bookを起動したら、SourceHanCodeJP.ttc をドラッグ&ドロップします。

05-Font-install

これで source-han-code-jpがインストールされます。
フォントの表示は「源ノ角ゴシック JP」になるようです。

eclipseやDreamweaverのフォントを変更してみる

さっそく eclipse のフォントを源ノ角ゴシック JPに変更してみました。

なるほど、なかなかすっきりとして見やすいフォントです。
これならコーディングするときに、’ や ” や , と . の見間違いも少なくなりそうな感じです。

06-SourceHanCode-font

emacsにフォントを設定

eclipse以外の作業をするときのテキストエディタは、emacsを使用していますので、emacsのフォント設定も変更します。
まずは、fc-list でフォントの名前を確認。

フォントの名前が確認できたら .emacs/init.el にフォントの設定を追加(変更)していきます。

今まで emacsでは、monacoフォントを使っていましたが、Source Han Code JP ExtraLight(細身の文字)に変更しました。

フォントをビルドする場合

Source Han Code JP(源ノ角ゴシック JP)は、ソースコードで配布されていますので、自分でビルドすることもできます。

ビルドに必要な環境は、以下の通りです。

FDKのインストールからSource-han-code-jpのビルド

AFDKO(以下、FDK)とSource-han-code-jpのファイルをダウンロードしたら、以下の手順でフォントをビルドしていきます。

FDK-25-MAC.zip を解凍したら、次のようにコマンドを実行します。

インストールが完了したら、一度 Terminal を閉じて、新しくTerminal を開き直します。
いよいよ Source-han-code-jp をビルドします。

これで、source-han-code-jp のディレクトリに SourceHanCodeJP.ttc というファイルができあがります。

03-SourceHanCode-ttc

これからコーディングするときには、源ノ角ゴシック JP を使って行こうと思います。

Pocket

YosemiteにしたらWiresharkを再設定

投稿日: 2015年4月1日

Pocket

MacBook ProをSSDに変えて、快適開発生活のはずだった @incmplt です。

WEBアプリを開発したりネットワーク系プログラムを開発していると必ず必要になってくるのがプロトコルアナライザー。オープンソースで使えるプロトコルアナライザーの代表格はWiresharkですが、Yosemiteにアップデートしたときから起動しなくなってしまっていました。

コレジャ開発できない…

wireshark

調べてみると Yosemite 以前とYosemite後では X11 のパスが違っている?!

Yosemite で Wireshark を使うための設定

Yosemiteでは、なぜか /usr/X11 が無くなって X11が /opt/X11 に変更になっています(勝手にコマルナ〜)。
理由が分かってしまえば対応は簡単です。

/opt/X11 を /usr/X11 にシンボリックリンクします。
これで無事にWiresharkが動くようになりました。

X11を使うアプリも、/usr/X11のシンボリックリンクを作ると動くようになりました。
ヤレヤレ…

Pocket

YosemiteでEclipseが動かなくなった時はJava6SEの更新を

投稿日: 2014年11月9日

Pocket

いつもメインマシンからアップグレードしてドハマリする @incmplt です。
OS X Yosemite(10.10)がリリースされたので、Mac mini をアップグレードしました。

Yosemite-install

なかなか快適なのですが、開発に使っている Eclipse がJava6SEが無いと言って起動してくれません。

Yosemite-Java-NG

「”eclipse”を開くには、以前のJavaSE6ランタイムをインストールする必要があります。」
Javaが更新されたので Eclipseが開けなくなったようです。
Eclipseは、Webシステム開発だけじゃ無くAndroidアプリの開発でも使うので、かなり困ってしまいます。

続きを読む

Pocket

MacBook のスリープ方式を切り替える

投稿日: 2014年9月8日

Pocket

MacBook Proを持ち歩いてて、気がついたらバッテリー残量が少ないときがある @incmplt です。
MacBook Air に比べて、スリープ時のバッテリーの減りが早い。使おうと思ってMacBook Proを開けたらバッテリー残量が30%以下とか泣けてきます。

MacBook Proのスリープは、3種類用意されており設定ができます。
※)ただし、コンソールからsudoするので、ご利用は計画的に

スクリーンショット 2014-09-08 7.02.33
続きを読む

Pocket

Mac OS X のターミナル( bash ) 初期設定

投稿日: 2014年8月29日

Pocket

MacBook Airを使っていますが、ターミナルを開いている時間が長い @incmplt です。
Macを初期設定するときに毎回忘れてしまうので、今回は bash の設定をメモ。

環境を整えるために bash 設定ファイルを準備する

Mac OS X標準では bashがインストールされており、直ぐに ターミナルからssh,scpができます。
.bash_profile などが無くても、/etc/profile, /etc/bashrc は存在するので最低限のシェル設定がされた状態でターミナルが起動します。

ただ、インストール直後は .bash_profile や .bashrc が無いので自分で作成します。

基本となる .bash_profile を準備

.bash_profile は、余りごちゃごちゃさせる必要も無いので…

こんな感じのシンプルなファイルにしておきます。

.bashrc で準備する細かな環境設定

私は、home(~/)以下に、bin や work などの作業ディレクトリを作っていますので、その設定を .bashrcに記述していきます。ついでに carbon emacs の設定も…ということで、次のような感じ。

Mac OS X には、標準で emacs(コンソール用)がインストールされていますが、私は carbon emacsを使っているので、ターミナルから emacs と入力したときに carbon emacs が立ち上がるように alias 設定しています。

~/bin 以下に便利な自作ツールを保存しているので、binディレクトリへのパスも追加しています。

ところで .bash_profile と .bashrc の違いは?

よくよく見ると .bash_profile は .bashrc を読み込んでいるだけで、何も有効な処理をしていません。
.bash_profile と .bashrc の違いってなんでしょう?

.bash_profile は、ログイン時に呼び出されます。.bashrcはbashが起動するときに呼び出される設定ファイルになります。

のように、bash の中から シェルを呼び出した時に、読み込まれるのが .bashrc になります。
ログイン1回だけの処理もありますが、ほとんどはシェル毎にPATH設定したりということになりますので .bashrc に各種設定を入れておいて呼び出すのが便利ですね。

ちなみに .bash_logout も便利に使えます

.bash_logout がちゃんと動くのかは、検証が必要なのですが、ログアウト時に処理される物なので tmpファイルなど一時的な作業ファイルなどを削除する処理を記述しておくには良いかもしれません。

Linuxサーバーの管理などが多いので、bash や perl などが標準で使える Mac OS Xはいいですね。
Windows で Cygwin+X11 とか Strawberry Perlとかで環境を作ると、どうしてもWindowsの世界が見え隠れして、コンパイルにも不自由するので、Mac OS Xからは離れられそうにありません。

Pocket

Mac OS X/Linuxでディレクトリ配下のテキスト一括検索と置換

投稿日: 2014年6月22日

Pocket

LinuxやMac OS Xのターミナルは仕事に欠かせないものですが…

ssh(mosh)やscpを抜くと一番使うのって

こんなコマンドだったりします。作業メモをテキストファイルにしているので、アレ〜この間どうやったっけかな〜とか散らかったテキストメモから該当の部分を探すのに活躍。

インデックスとかディレクトリを整理しろ?? いや、複数にまたがるプロジェクトやKnowledgeだと、ディレクトリの悲劇が起きるので、適当に保存しますよ。

ついでによく使うのが、複数のファイルの中身を調べて特定の文字を一括変換するワンライナー。
ダンプしたSQLのデータを一括で変換したり、HTMLやスクリプトソースコードの インクルードファイルを変換したりと、使う機会の多いコマンドです。

複数のファイルを検索して、元ファイルを .bak でバックアップして、ファイルの内容を hogehoge を fugafuga に変える。

このコマンドも便利なコマンドですね。

Pocket