急にATOKからIMEに切り替わる…


ありゃ? 「あけましておめでとうございます」かな?
#すでに 1/10であけましておめでとうございます もないですが。
WindowsにATOKをインストールして使用していると、突如IMEに入力が切り替わってしまうことがあります。Windows Updateなどをかけたときには、あきらめて設定を変更することになるのですが、普段使用しているときに、急に切り替わってしまうと「いきなり日本語入力がお馬鹿になった」と焦ってしまいます(連続して文章を入力していると、途中から誤字脱字や誤変換が多くなってることに後で気がつくこともあります)。
これは、Windowsの言語設定にあるデフォルトのキーバインドが原因です。Windowsのデフォルト設定では、Ctrl+Shiftを入力するとシステムにインストールされている日本語入力を切り替える機能があります。これは、複数の言語(日本語や中国語、韓国語など)の入力をする場合には便利な機能ですが、日本語(と英語?)しか入力言語として使用しないのであれば、邪魔な機能ですので無効にしてしまいます。
Windows XPで、この機能を無効にするには、次の設定をします。

  • コントロールパネルから「地域と言語のオプション」を開きます
  • 「言語」タブから「テキストサービスと入力言語」をクリックします
  • 「設定」タブの「基本設定」内の「キーの設定」をクリックします
  • 「詳細なキー設定」から」「キーシーケンスの変更」をクリックします
  • 「入力言語の切り替え」についているチェックを外します
  • 後はすべてしていき設定を保存します

異常なくらいに深い場所に設定があります。普通はこんな設定見つけられないと思います…(Windows Vista環境も似たような場所にありますが、もう少し浅い場所で設定可能です)。
上記の設定で、勝手にATOKからIMEに切り替わることが無くなったので、安心してATOKでの入力ができるようになりました。
快適快適・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください