RaspberryPi X68000XVIケースで開発環境を構築

Pocket

手軽な開発環境で使っているRaspberryPiのケース。
通常は、裸のままでの運用なので カッコよいケースを買ってみました。

RaspberryPi X68000 XVI ケース。
1/4スケールモデルでSHARPさんのライセンスもあるモデルです。

X68000 XVIケースですが、実際にはプラモデルのようにランナーにパーツがついているので、切り出してゲート処理して組み立てます。

最初は、簡単に組み立ててすぐに使う予定だったのですが、結局 ヤスリがけしてサフをふいて本塗装までやってしまいました。

X68000のロゴは、デカールもついているのですが、せっかくのモールドなので エナメルの金でドライブラシのような感じで塗装しました。
デカールはHDモデルのデカールを貼り付けてます。

フロッピーディスク部分も、メタリックグリーンでポイント塗装。
いくつか墨入れまでやって、最後につや消し処理をしています。

裸で使うことの多いRaspberryPiですが、お気に入りのケースができました。

Pocket