メールは署名と暗号化…


仕事柄、お客さんのネットワーク情報や設定情報を扱うことが多く、当然それらは機密情報だったりします。

で、最近 メールの経路が怪しいこともあり、メールの署名と暗号化を検討中…

・ S/MIMEも良いけど、環境がかなり限定される。

・ サードベンダーの環境も良いけど、Windows環境に特化していてMacOSだとダメだったりする。

ということで、やはり PGP を利用することに決定!!

http://www.pgp.com/ : PGP Desktop

http://www.pgpi.org/ : The International PGP

現在は、上の環境を調査中。

Windows と MacX と Linux のそれぞれの環境で使えるし、必要な部分で署名を使えるので、使い分けもできるし、結構便利かな〜と。

最近、メールアドレスを詐称したメールも多く届くので、重要なメールはヘッダーや送信情報を確認しないと、危なくって信用できない。

これくらいしないと信用できない通信というのも、使うのが大変だけど… 気を抜いていて、お客さんの情報を危険にさらすわけにも行かないですからね〜


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »