アメリカ大使館で宣誓供述の公証サービスうけてきた

投稿日: 2017年3月1日

Pocket

日本国籍を持って国内に住んでる方は、もしかすると1回もないのかもしれませんが、今回 アメリカ大使館に行く機会があったので記録を残しておきます。
準備しないで国内のお役所の気分で行くと、詰みゲーになります。も〜簡単に積みフラグ立ちます。

アメリカ大使館の公証サービスを受ける場合には、次のような準備が必要です。

  • 完全予約制で事前にWebサイトからのアポが必要(アポは必ず印刷)
    大体1週間後から予約が取れます。基本的には平日の午前中だけです。
    アポを取ったら必ず印刷してください。大使館でアポの確認に必要です。
  • 手荷物は最低限にしないと入館できない
    25cmx25cm程度のバックまでと記載があります。不要なモノは駅などのコインロッカーに預ける必要があります。
  • パスポートもしくは写真付きで身分を証明できる国が発行した証明書が必要
    基本はパスポート、無ければ 運転免許証でも可能です。
    アポを取るときに「Passport No.」の欄がありますので、そこに入力しておきます。

ここの準備を怠ると、時間をロスします。最悪はアポとりからやり直し。

大使館に行く前に…

大使館に行く前からフラグたちます。
荷物は最低限に。普段使ってるカバンは大きさの制限で、まず持ち込めません。

小さいセカンドバッグ(25cm x 25cm程度)などに貴重品をまとめていきましょう。
私は、昔買ったGUCCIのセカンドバックにサイフや身分証などを詰めていきました。

アメリカ大使館の最寄駅の溜池山王駅には、改札を出たマツキヨのあたりにコインロッカーがあります。普段使ってるバッグなどはコインロッカーに預けて荷物を少なくします。
その他、持ち込めないもののリストは、大使館のQ&Aに記載がありますので必ずチェック。

大使館への入館まで

最初のセキュリティまでは、ピザやパスポート申請の人と区別なく待つことになります。時間帯によっては、長蛇の列ができてますので、予定よりも早めに行くこと推奨です。

そして大使館入り口が最大の詰みフラグ(トラップ)が満載です。

大使館に持ち込めるアイテムがチェックされて、余計なものを持ってるとコインロッカーに預けるために駅まで戻ることになります。

雨の場合の場合には、カサを持っていきますが、これも折りたたみの小さいのにしないと持ち込みできずに詰みます。
小さい折り畳み傘にするか、天気になるのを祈りましょう。大使館の周りには雨を避ける場所はありません。

大使館の入り口前でケータイの電源を切って警備の人から渡される水色のトレイへ。鍵や金属類はバックに入れて、金属探知機をくぐれるようにします。セキュリティチェックが終わったらケータイを預けます。帰りに返してもらうための番号札もらうので、セカンドバックに入れるなどして無くさないように。
大使館の敷地に入ったら、もう一回セキュリティチェックがあるのでポケットはダメです。

大使館の敷地へ

中に入ると右手側に大使館の入り口があります。
大使館の入り口に、ピザと市民サービス(American Citizen Service)のゲートがあるので、左側の市民サービスのゲートへ。中は繋がってるけど、列の並ぶ場所が違います。

2回目のセキュリティチェックが終わり大使館の中に入ると、左側に市民サービス。すぐ左にキャッシャーがあるけど、最初は素通りで、市民サービスのコーナーに入っていきます。
そのまま奥に進んで行くと「START HEAR」という窓口があるので、アポイントメントを印刷した紙をトレイに入れて、座って待ちます。

少しすると名前を呼ばれるので、宣誓供述の書類を渡して認証をお願いします。
確認が終わると、キャッシャーで手数料を払ってくるように言われますので、入り口近くのキャッシャーで料金を支払い。
ドルでも日本円でもOK。宣誓供述は$50(当日のレートは¥115-)でした。
支払ったらレシート2枚を窓口に持って行きます。1枚は後で返ってきます。

また、少し待つと名前を呼ばれて、宣誓供述。
「この書類の意味は理解してますか? 内容はなんですか?」と聞かれるので、単語で良いので答えて…
「書類に間違いないことを誓いますか?」と聞かれるので、右手を挙げて「I Swear(誓います)」
終わったら自筆でサイン。
後は宣誓供述の書類に、公証人のサインなどが追加されて、書類が戻ってきて終了。

書類が戻ってきたら、EXIT目指してすすんで、預けたケータイを帰りてもらったら退館できます。

大使館を無事に退館して…

本当に注意しないといけないのが…ちょっとでも大きな物は持ち込めないので、セカンドバックに貴重品を入れて、書類はクリアファイルでむき出しくらいに荷物を少なくする必要があります。

荷物が預けられなくて、駅まで戻ってコインロッカー行きになった人が結構いました。
コレは盛大に時間ロスするので本当に注意です。

ということで、無事宣誓供述書の認証ができました。

Pocket

スマホで誤タッチが多くなったので保護シート張り替えてみた

投稿日: 2014年11月18日

Pocket

最近、Androidケータイの誤タッチが多くてイライラしてた @incmplt です。
画面をスクロールしようとしたらホームの一覧が開いたり、文字入力しようとしたら変な場所がタップされたことになったり…
1年半も使ってきたから、そろそろ限界なのかな?と思いつつ、画面を見ると保護フィルムに細かい傷が。
さらに使っている保護フィルムは反射防止のはずなのに、テカテカしている。
ということで、保護フィルムを張り直してみました。

Android-film

今まで貼っていた保護フィルムをはがしたらノリがべったり。新しい保護フィルムを貼る前に、クリーニンググロスで綺麗に拭き取ります。ここで手抜きをすると気泡が入ったり浮いてきたりしてしまいます。

保護フィルムを張り直して、おそるおそる操作してみたら…誤タッチが無くなった!!!

保護フィルムの汚れと傷で誤動作していたみたいです。
定期的に保護フィルムは張り替えないとダメですね。

iPhoneだと強化ガラスタイプの保護シートもあり強化ガラスタイプなら傷や汚れはつきにくいのでしょうけど、Android端末向けの強化ガラスタイプは見たことないですね。

半年くらいで定期的に保護フィルムを張り替えるようにします。

Pocket

YosemiteでEclipseが動かなくなった時はJava6SEの更新を

投稿日: 2014年11月9日

Pocket

いつもメインマシンからアップグレードしてドハマリする @incmplt です。
OS X Yosemite(10.10)がリリースされたので、Mac mini をアップグレードしました。

Yosemite-install

なかなか快適なのですが、開発に使っている Eclipse がJava6SEが無いと言って起動してくれません。

Yosemite-Java-NG

「”eclipse”を開くには、以前のJavaSE6ランタイムをインストールする必要があります。」
Javaが更新されたので Eclipseが開けなくなったようです。
Eclipseは、Webシステム開発だけじゃ無くAndroidアプリの開発でも使うので、かなり困ってしまいます。

続きを読む

Pocket

MacBook のスリープ方式を切り替える

投稿日: 2014年9月8日

Pocket

MacBook Proを持ち歩いてて、気がついたらバッテリー残量が少ないときがある @incmplt です。
MacBook Air に比べて、スリープ時のバッテリーの減りが早い。使おうと思ってMacBook Proを開けたらバッテリー残量が30%以下とか泣けてきます。

MacBook Proのスリープは、3種類用意されており設定ができます。
※)ただし、コンソールからsudoするので、ご利用は計画的に

スクリーンショット 2014-09-08 7.02.33
続きを読む

Pocket

Mac OS X のターミナル( bash ) 初期設定

投稿日: 2014年8月29日

Pocket

MacBook Airを使っていますが、ターミナルを開いている時間が長い @incmplt です。
Macを初期設定するときに毎回忘れてしまうので、今回は bash の設定をメモ。

環境を整えるために bash 設定ファイルを準備する

Mac OS X標準では bashがインストールされており、直ぐに ターミナルからssh,scpができます。
.bash_profile などが無くても、/etc/profile, /etc/bashrc は存在するので最低限のシェル設定がされた状態でターミナルが起動します。

ただ、インストール直後は .bash_profile や .bashrc が無いので自分で作成します。

基本となる .bash_profile を準備

.bash_profile は、余りごちゃごちゃさせる必要も無いので…

こんな感じのシンプルなファイルにしておきます。

.bashrc で準備する細かな環境設定

私は、home(~/)以下に、bin や work などの作業ディレクトリを作っていますので、その設定を .bashrcに記述していきます。ついでに carbon emacs の設定も…ということで、次のような感じ。

Mac OS X には、標準で emacs(コンソール用)がインストールされていますが、私は carbon emacsを使っているので、ターミナルから emacs と入力したときに carbon emacs が立ち上がるように alias 設定しています。

~/bin 以下に便利な自作ツールを保存しているので、binディレクトリへのパスも追加しています。

ところで .bash_profile と .bashrc の違いは?

よくよく見ると .bash_profile は .bashrc を読み込んでいるだけで、何も有効な処理をしていません。
.bash_profile と .bashrc の違いってなんでしょう?

.bash_profile は、ログイン時に呼び出されます。.bashrcはbashが起動するときに呼び出される設定ファイルになります。

のように、bash の中から シェルを呼び出した時に、読み込まれるのが .bashrc になります。
ログイン1回だけの処理もありますが、ほとんどはシェル毎にPATH設定したりということになりますので .bashrc に各種設定を入れておいて呼び出すのが便利ですね。

ちなみに .bash_logout も便利に使えます

.bash_logout がちゃんと動くのかは、検証が必要なのですが、ログアウト時に処理される物なので tmpファイルなど一時的な作業ファイルなどを削除する処理を記述しておくには良いかもしれません。

Linuxサーバーの管理などが多いので、bash や perl などが標準で使える Mac OS Xはいいですね。
Windows で Cygwin+X11 とか Strawberry Perlとかで環境を作ると、どうしてもWindowsの世界が見え隠れして、コンパイルにも不自由するので、Mac OS Xからは離れられそうにありません。

Pocket

Mac OS X/Linuxでディレクトリ配下のテキスト一括検索と置換

投稿日: 2014年6月22日

Pocket

LinuxやMac OS Xのターミナルは仕事に欠かせないものですが…

ssh(mosh)やscpを抜くと一番使うのって

こんなコマンドだったりします。作業メモをテキストファイルにしているので、アレ〜この間どうやったっけかな〜とか散らかったテキストメモから該当の部分を探すのに活躍。

インデックスとかディレクトリを整理しろ?? いや、複数にまたがるプロジェクトやKnowledgeだと、ディレクトリの悲劇が起きるので、適当に保存しますよ。

ついでによく使うのが、複数のファイルの中身を調べて特定の文字を一括変換するワンライナー。
ダンプしたSQLのデータを一括で変換したり、HTMLやスクリプトソースコードの インクルードファイルを変換したりと、使う機会の多いコマンドです。

複数のファイルを検索して、元ファイルを .bak でバックアップして、ファイルの内容を hogehoge を fugafuga に変える。

このコマンドも便利なコマンドですね。

Pocket